ハードな運動が嫌なら置き換えダイエットに挑戦しよう

運動よりもカロリー制限

運動で消費されるカロリーは少ないため、本当に痩せたいのなら、置き換えダイエットでカロリー制限をおこないましょう。なお、一日二食置き換えられる食品もありますが、初めて使うのならば、王道の一日一食から始めたほうが成功率が高くなります。

腸内環境を整える

女の人

善玉菌と食物繊維

健康食品を使った置き換えダイエットは、ダイエット効果を素早く得られるということから、大変人気が高いダイエット方法となっています。しかし、そんな置き換えダイエットをしている途中で、お腹の調子が悪くなったというトラブルを抱えてしまうことがあります。便秘や下痢の悩みに悩まされたら、今までとは違う食生活に腸内が対応をしているということになります。特定の食品や飲み物だけを摂取し続ける置き換えダイエットでは、腸内環境ががらりと変化しやすいです。置き換えダイエットをしていて、便秘や下痢になってしまったら、腸内環境を整えることを考えましょう。腸内環境を整えるためには、食物繊維と善玉菌の摂取を心がけることが大切です。例えば、朝食置き換えダイエット・夕食置き換えダイエットなど、1日1食を置き換えているのであれば、それ以外の食事での栄養バランスを整えることを心がけましょう。善玉菌を増やす食事には、ヨーグルトで乳酸菌、納豆で納豆菌、発酵食品のチーズやキムチがおすすめとなります。また、食物繊維が豊富な野菜は、整腸作用があるので、下痢や便秘の改善に大変おすすめです。下痢をしている場合でお腹を冷やしたくないというときには、温野菜にして野菜類を積極的に取り入れ、合わせてキノコや納豆なども摂取すると、低カロリーで栄養価も満点となります。置き換えダイエットに使っている食材やドリンクの栄養素を見ながら、食生活を調えると、腸内環境のバランスも良くなり、便秘や下痢の悩みも改善されるでしょう。

ビフォーアフター

無理なく続けられる

ダイエット中の食事は甘いものを食べてはいけないなどの制限が多くて大変だと言う人は、果物の味がするシェイクやケーキなどのダイエット食品で一食だけ置き換えダイエットをすることで楽しく乗り切ることができます。